このページでは、つつみ釣具店の愉快な仲間達の釣行をUpしています。

 愉快な仲間と個人のボートで一緒に釣りをしませんか?
当店ご利用の愉快な仲間達と仲良くなって楽しい時間を過ごしましょう!!
まずは、つつみ釣具店に遊びに来てね!


2010.12.11  14:00〜17:00  
ベイトブレスファミリー御一行様との楽しい時間
 なんと、今回のゲストはベイトブレス社長の谷野氏・千葉プロ・ラウリー中村氏!!三氏共にロックフィッシュの大会では常に上位に名を連ねる凄腕!ガイドでTEL、同伴でタカチャン・四平。
 
今日は、明日の大会のプラを兼ねての釣行です。三氏は午前中に私の案内した地磯にてプラ。午後はフリーライド号でボートロック。
 
 いい釣りができるようにガイドをしようと張り切る!が…沖に出てみるとウネリ&南寄りの強風(涙) 大槌湾の予定のポイントを目指すが危険!。大槌湾は諦めタブの木方面を目指すが危険!。三角波やピッチの短い波に翻弄される。結局、風とウネリをかわせる湾内の極限られたエリアでの釣行となってしまいました。
写真では穏やかに見える海。しかし、湾を出るととんでもないことになってて…湾内のこの場所も浅根はサーフィンができる波が割れるし潮は濁り気味。悪条件がどこまでも重なる。

シャローエリアにテトラの絡むポイント。例年ならば産卵場として数・サイズ共にまずまず狙えるポイント。しかし、ウネリの影響で反応がイマイチ。そんな厳しい条件の中でも三氏共にバイトをとる。しかし、小さいサイズの魚ばかりでなかなかフックアップしない。が、そこは凄腕の三氏、的確な状況判断でラウリー中村氏の1匹を口火にアイナメを掛け始める!

 ポイントをさらに湾内に移し流す。ここのポイントはそこそこ数は釣れるがサイズがあまり期待できない。私たちもここ二年は打っていないポイント。しかし、今日は風とウネリでここしか打てないのであります(涙)。

 ここは、砂地のシャローに点々とした根に沈みテトラの絡むエリア。

 40前後のアイナメに混じり水温低下を知らせる使者ギスカジカも姿を現す。
社長アイナメ連発。中村氏もカラーを絞り釣り揚げる。そして、社長・千葉プロダブルヒット!!
 
 ところで、我々三人はと言いますと…
ちゃっかり打たせてもらいましたよ!三人仲良く。2本ずつでしたが…

それよりも、三氏の釣りを見て勉強勉強!状況判断やカラーローテーションの仕方などいろいろチラ見に盗み聞き
(普通に聞こえますけどね (笑))。発売前のプロトルアーを見てワクワク!! 使わせて頂いてワクワク!!
私は、ベストなボートポジションをキープしながらキャスト・撮影そしてチラ見に耳をダンボにして盗み聞き(笑)なんとも忙しいぃ。

でも、楽しぃ!


こんな機会はなかなかありませんからねぇ。
 日も暮れ辺りが暗くなった頃、ソイポイントにご案内。アイナメタックルそのままにキャスト。千葉プロ35p位のクロソイフィッシュ!!(写真撮り忘れました)
この1本をラストとしストップフィッシング。


 今回は非常に厳しい状況の中でのボートフィッシングとなってしまいましたが、是非また来てください。今度こそこれぞ三陸というポイントへご案内したいと思いますので。

なにはともあれ、私達三人は非常に貴重で楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
 あくる日の大会当日、
ベイトブレスファミリーの結果は…!?
それは、アイナメバトルVol.2リザルト&大会模様でお楽しみください!!

大会の模様は、ベイトブレスHPブログ釣行記にもUPされています。是非、ご覧ください。

ps.ラウリー中村様
 ラウリー氏のフィッシュシーンだけ取り忘れたみたいで…すみません(汗)なので、もう一度来てくださいね!



2010.03.23  5:00〜6:00 タラジギング 船越湾100m〜75m 釣行人数3人
釣果 タラ1匹 ・ ドンコ1匹 ・ マゾイ1匹 ・ カジカ3匹

 今回は、今シーズン初めてのタラジギングに行ってきました。
メンバーは、TEL・ヒカ・四平の三人!

辺りがまだ暗い 早朝4:30に現地集合。
準備をし4:50にこの前退院したばかりの「フリーライド号」に乗り込み出港!
目指すは、去年タラを釣り上げた船越湾沖100m〜75mの根回り。

完全にメンテナンスされたフリーライド号でのクルージングは なんとまぁ 快適なこと!!
帰港時に全速にすると時速でいえばなんと15km以上も速くなっている!!
エンジンは勿論のこと、船底掃除をし塗装を塗りなおしたことによって完全復活です!!


さて、釣果は…

辺りが明るくなりはじめたころポイントに到着。
風もなくベタ凪  絶好の釣り日和です!

逸る気持ちを抑えながらタックルに合わせ100g〜200gの各々ジグを投入する!
GPSを頼りに外周数百mあろうブレイクラインをを魚探でベイトを探しながらシャクル
しかし、魚探にはベイトらしき反応が無い。
去年実績のあったブレイクラインを何度か流すが全く反応無い状態が続く…


根の反対側に移動。


ベタ底ではあるがベイト反応らしきものが魚探に映る

すると、すぐにTELにアタリが!!

本日、船中初バイト!

ラインはPE1号にリーダーがフロロ20bl
無理をせずにあげてくる

でも、大きくなさそう

無事ランディング

が、釣れたのは30cm位のカジカ

残念…



数分後、なんか重い???

ジグがラインに絡んだかなと思いあげてみると
なんとまぁ、ザウルス ヒラジグ150gと同じ全長の豆マゾイが

 エッ…(汗)  



さらに、数分後
今度はヒカにバイトが!

しかし、これまたあまり大きくなさそう

チョットだけ引きはあるようだがまたカジカかと思っていると

40cm位のドンコ! うまそー^^

と、いうことで記念撮影



ロッド片手にカメラでパチリッ!

とその時、着底したジグの底をとってただ持っていたロッドに ”グングン” と明確なバイトが!!

キタ-----------!!!

カメラを速攻でヒカに預け

アワセを入れる

重い 重い おもーーーい

そして、グングン引く

間違いなくタラだと確信!


ライトジギング用のロッドは大きくしなりラインが出る
ドラグを調整しながら
慎重に慎重に巻き上げる

途中 リールが巻けないほどの強い引きが何度も続く
腕にはしだいに乳酸が溜まる





格闘すること数分 よおやく白い姿が見えてきた





お-----  思った以上にデカイ!!!

慎重に慎重に引き寄せ無事ランディング



ヤッターーー!! 船中歓喜に沸く

早速、記念撮影



  全長80cm(正確には81cmか82cm)重量5960gのBIGタラGETです!!




チョットした疲労と達成感を感じながら喜びに沸く


が、しかし今日は時間が無い
ゆっくりしている暇はない

ということで、早速ポイントをGPSにマークし
群れでいることを願い同じラインを流す


が、しばしバイトが無い…

入りなおして数分
今度は四平にバイト!



タラであってくれーーー!!



しかし、あがってきたのはカジカ…



それから、数分

何やら沖の方からウネリと白波がこちらに向かってくる
近くを大型船が航行しているのでそれによる波?
しだいに波が近いづいて来る


すると、海がいきなり荒れ始めた


ボートが大きく揺られ
風によって大きく流される

状況がいきなりこんなに変るもんなの

何度も沖に出ているがこんなにハッキリと変わる様は見た事が無かったもので

海をなめてはいけないなとつくづく思い知らされました。


ということで、すぐさま釣りを止め帰ることに


帰り際、湾内のらしきポイントを探るがノーバイト

7:20分に帰港し

速攻で帰宅

着替えして8:00には出社

なんとも、忙しい朝でした…




追記

今回の釣行は、「DAIWAフィールドモニター 佐々木 修さん」にアドバイスを頂き、ヘビータックルではなくベイジギング用のタックルを使用したライトジギングでの釣行でした。

使用タックル

ロッド   ベイジギング用MAX150g
リール   ベイジギング用200番代
ライン   PE1号 
リーダー  フロロ20bl
使用ジグ 100〜150g 
タコベイトやワーム装着

昨今、鱈は300gジグを使ったジギングが主流ですが、今回使用した様なタックルを使用することでゲーム性が増し鱈とのやりとりはハラハラドキドキとてもスリリングです。

チャレンジしてみたい方、是非一度お店に遊びにいらしてください!!



2009.11.25  10:30〜16:30 ボートロック 船越・大槌湾 釣行人数6人
釣果 アイナメ?匹
 今日は、釜石シウェーブスのラガーマン三人衆タケちゃん・タカ3君・マサ君、そしていつもの愉快な仲間TEL・HI・での釣行!!
 HIとダーツ仲間の彼ら、ロックフィッシュを釣ってみたいということで今回初挑戦です!
写真:マサ君、今後起きる悪夢も知らずピース&笑顔での出港!

 今日は、ウネリがなく絶好の釣日和と思いましたが、海に出てみると結構なウネリ。はじめに入ったポイントはウネリがあたり釣りづらい状況。チビナメ数匹釣ったところで大きくポイントを移動することに。
 ポイントを移動してすぐ、チビナメのバイトにワームをちぎられ続けていた元バスアングラーのタケちゃんに待望のHIT!アイナメの首振りを十分にあじわいながら無事ランディング。黄金の40upGETです!おめでとう。

写真:さすがバスアングラー!!ほぼレクチャーしなくてもこの通り。
 それから数分、マサ君ロッドを置き座り込んで「具合悪いです」と一言。酔ってもすぐ効く酔い止めを飲んだ。そして数秒「おえぇー」海面にむかい大量の撒き餌(笑)

本人は、とても辛さうだが周りの人間はその姿を見て大笑い。船酔いを恐れ事前に酔い止め薬を飲んできタカ3君は撒き餌してくれてありがとうの位の勢いで釣り続けた。

しかしマサ君、あまりにも辛そうななのでポイントを移動することに。確かにあのウネリでは酔ってしまうよね。
写真:撒き餌直後のマサ君冗談抜きで辛そう
 風とウネリを唯つかわせるポイントに移動。そこは我々も初めてのポイント。水深が浅くどこへ投げても釣れそうな感じ。ただチョット根の感じは良くないかな。

 コンコンとチビナメのバイトは頻繁にあるがなかなかフックUPすることが出来ない。というかの乗らない様に外しながらアクションさせる。そんな中、HIのスピンコブラで大物に挑んでいたタカ3君にHIT! な、なんと20cm弱… コンコンの犯人を釣りあげました!

タカ3君、数分後にも今度はゴンとロッドを絞り込むいいバイト!しかし、数秒でラインブレイク…残念
写真:幾度のバイトを逃し、ついに釣りあげた15up
タカ3君この後には40cm弱釣りあげました!
 バイトが増え皆テンションが上がってきた中、船酔いでうな垂れていたマサ君 酔い止めをおかわりしてどうにか復活!! 渾身の力を振り絞り30cm位フィッシュです。その他にもバイトを連発!! いままで充電した分これからが本領発揮です。…が、しかし そこにはまだ大きな落とし穴が待ち受けていた。


写真:吐き気をこらえてハイチーズ

 バイトを連発するマサ君。テンションMAX気分上々!!
 そんなとき、「痛っ」とシャガミ込み額を抑えているマサ君。数秒して顔を上げた瞬間眉間にホクロ?いや血が… なんと、タケちゃんがキャストした時にシンカーがHITらしい。 我々も以前に何度かシンカーを当てられたことがあるのでキャスト時は周り確認&声を掛けとアドバイスしていたが… 何はともあれ大事には至らなくて良かった良かった。

ラグビーのタックルの全身にくる痛みにも勝るシンカーのピンポイントの激痛はさすがのマサ君にも効いたようだ…。
我々はそんな姿を見て大爆笑  ごめんね^^
写真:マサ君痛みにこらえこの苦笑い(笑い) 
 それから数分後、今度はキャスト時に足を滑らせ海中に真っ逆さまに落ちそうになりながら鍛え抜かれた強靭な足腰で耐えたマサ君。弁慶の泣き所をぶつけ名誉の負傷と。それを聞いたタケちゃんとタカ3君 「笑えねぇよ」と。確かに釣りに行って怪我したって言ったらチームになんと言われるか…(汗)。 ぶつけただけで怪我はしていないのでご心配なく!

そんなこんないろいろなネタを提供してくれるマサ君。自身も満足の40upGETです!

写真:額に血をにじませながらキメのポーズ
  マサ君の復活を機にビックフィッシュを求めてポイントを移動することに。先ほど撒き餌したポイントに入り 直しビックフィッシュを狙う!さっきよりもさらにウネリは大きくなっているが酔い止めも飲んだしテンションも アゲアゲムードなので大丈夫だろうと。が…着いて5分、いや3分マサ君本日2度目の大噴火。
 酔い止めは効いていなかったらしい…マサ君大丈夫?
 
 と、いうことでこの辺で一時帰港。
14:00 船頭のTELとヒカが入れ替わり、そしてテンションガタガタのマサ君を上陸させ第二ラウンドへ出港へ!
 
後から聞くに風が強く釣りにならなかったらしくポイント制限される中タケちゃん本日MAXの46cmフィッシュ!この他にも、同サイズをランディング寸前HIがもたつく間にバレタとか(”コラッ つくし君” と、髭男爵の声が聞こえそう^^)

タケちゃん、たか3君 ビックフィッシュはでなかったけど満足できたかな!?
そして、ネタを色々提供してくれたマサ君、トラウマになるとか言ってたけど、釣り嫌いにならないでね!次は酔い止め飲んで再挑戦しに来てね。
三人さん、次こそビックフィッシュだね!

 今回は、ゲスト中心の釣行記となりました。
 

2009.11.03 10:30〜13:30 ボートロック  船越湾  釣行人数4人
釣果 アイナメ30匹位(40up×8・最大55cm)
 今回は、ヒカ・カズそして新に「愉快な仲間」に加わったアユ釣りエキスパートのウッチーと4人で出船。今年最大の寒気により気温4度と非常に寒い中での釣行となりました。

 ポイントについてすぐ、まずはヒカが1投目で40upをフィッシュ!それに続き最近ロックデビューしたばかりのウッチーにHIT!しかし、ランディング寸前に45cm位のアイナメをラインブレイク…残念。しかし、、その後のウッチーは我々をあざ笑うかのように40upを含む4匹をフィッシュ!! 我々は1匹ずつしか釣っていないのに・・・型無しです。ポイントを変えればウッチーにヒット!そんな状況が続きました。

それぞれが数匹ずつ釣ったところで、風が強くなってきたのでポイントを大きく移動することに。
       
 それにしても風が冷たい。みんな鼻水垂らしながらの釣り。手はかじかみロレツが回らない状況。冬本番を前にこの寒さはきくなぁ…。

 大きくポイントを移動して数投、みんな数匹をフィッシュ!そんなとき、ウッチーが「今のアタリはでかかったぁ」と一言。見事にルアーは噛みちぎられている。そこへヒカがすぐさまキャスト!そしてラインスラッグをとってすぐ「キター!」 ロッドはバットから曲がり大きな弧を描いている。デカイぞと思った瞬間ラインブレイク…ヒカはその場に転がった。逃がした魚はデカイというが、ヒカ曰く「いまのは55upはあったなぁ」と…。FCライン16lbをあっさり切った魚の大きさはいかに。

それから数分、今度は私のロッドにアタリが!アタリ自体は大きくなかったがグングン引く。ボート際に来てからの突っ込みを何度もしのぎ無事ランディング!サイズは55cm・2,200g グットコンディションのアイナメGETです!

 その後、ポイントを少しずつ移動しながら数匹をキャッチしたところで、寒さに耐えれなくなってきたこともあって、13:30ストップフィッシング!

それにしても、アユマスターのウッチーは流石ですねぇ!初めてのボートロックはノーフィッシュでしたが、今回ボートロック2回目にして本日の最多フィッシュ賞GETです。

PS.
次は完全防備で望みます。

 

2009.10.12 11:00〜14:00 ジギング&ロックフィッシュ  船越湾 釣行人数3人
釣果 サバ2匹 アイナメ20匹位(最大45cm) 
 またまた久々の更新となりました。すみません。
今回は、ワラサジギングをメインに保険でロックフィッシュ狙いでカズとヒカと3人での釣行。

 風が強くジギングは無理だろうと予想していたが、春にタラジギングをした根回りに到着。 が、やはり風が強く釣りにならない状況。それでもトライしてみようとジグを落とす。ボートは風に流されジグは斜め後方に…シャクルにもシャクレない状況の中、数投でヒカとカズがサバ1匹ずつキャッチ!

その後、風がさらに強くなりジギングは実釣時間15分ほどで断念しロックフィッシュをすることにし移動(涙)

 ジギングポイントから近い小谷鳥付近に到着。風はさらに強くなり白波が立っている中、少しでも風の当たらない場所を狙う。すると、早々にアタリがある!しかも、浅場でハイシーズン並みににアタル! !三人で5本ぐらいチビナメと遊んだ後、カズが良形をキャッチ!
サイズは42cm。それに続き、ヒカも40upをキャッチ!カズも40up1本追加。 今回のここのポイントでは、ルアーはホッグ系の方がバイトが多い。かぜが少し弱くなってきたので、今のうちに移動しようということでストップ。ここでは、三人トータル10数本釣って移動することに。

 西風のあたりに難い野島に到着。さっきまでの光景が嘘のように穏やかな海。俄然やる気が出てきた。
すると、すぐにアタリがある。ここもやはり水深1〜2メートルの所でアタリが頻発する!! 思った以上にすでにアイナメは浅場へと移動している様です。
 ここでも、40up数本を含め三人トータル10数匹を釣り14:30ストップフィッシング。最大はヒカの45cmで本日のビックフィッシュ賞。ちなみに、ファースト20cm台のチビナメでファーストフィッシュ賞もGET!総なめです。
今回は50upを釣ることは出来ませんでしたが、今秋シーズン初めてで40upが8本とまずまずの釣果だったかな?

皆さん、ハイシーズン到来ですよぉ〜!! 

2009.4.17 16:30〜18:30 タラジギング 船越湾沖100m  釣行人数2人 
 釣果 タラ×2(64p・チビ) アンコウ×1
 久々の更新となりました。楽しみにしている皆さんすみません。今まで堤防でのソイ釣りには頻繁に行っていたんですが、それほどの釣果も得られない状態で今まで来てしまいました。

 今回は、初タラジギングの報告です!今まで2回ほどチャレンジしようと沖へ出たことはいいけれど、毎回風&うねりで釣りすることなく帰港、やっと3回目にして釣をすることができました。
 ポイントは、情報提供者から聞いた船越湾沖の100m〜75mに駆け上がる根回り。300gジグにタコベイトやワームといったセット。棚は底から底上10mくらいまでをスローに探った。
 開始から30分後、まずはタコベイトをつけたH君にアタリが!すぐさま赤パルスをつけた私にもHIT!何とダブルHITです!! 結果はH君が20cmで私は64cm。 なにこの差…!? なにはともあれお互い初フィッシュです。その後、アタリのあったポイントに入り直してすぐ、またまたH君にHIT!今度はなんと2kのアンコウが!!!引っかかってきたぁ〜(笑) しかし、高級魚GETです。
 てな具合で、移動時間を除けば実釣時間1時間位での出来事でした。


2009.2.5  12:30〜14:30   小谷鳥方面  ボート  釣行人数 4人 アイナメ9匹(最大45cm)
 2週間ぶりに愉快な仲間達とボートロック行ってきました。天気もよく風もウネリもなく絶好の釣日和!みんな張り切って出船したのはいいけれど、湾内とは違い外海は南寄りの風が強く風波がたっていました。しかし、久々の釣行ともあってクジケル訳にはいかないので頑張って釣ってきました。

 今日は、水温8.7度と例年並み。2週間前とさほど変わりがないので期待したがバイトが少ない。アイナメは着実に深場へと移動しているようです。ポイントを移動しながら水深15m位までを広く探りどうにかこうにか一人2・3本は釣りあげました!最大は45cmだったけれど40UPトータル5本 まずまずかな… ちなみに、マゴ君はいいサイズのアイナメをランディング直前に2本もバラシました。バラシの原因は、たんなるラインの結び方のミス…痛たたた

釣りあげたアイナメは写真撮影後資源保護のためにオールリリースしました!
アイナメ君、大きくなったらまた釣れてくれよ!!
 スライドショーを見る場合はアイコンをクリックしてください!! 

2009.1.29  19:00頃     大槌湾        アングラー M.T
でっでました!!
本人もビックリの
51cmのモンスタークラス
仕事帰りの釣行でのフィッシュ!
ロックフィッシュバトル残り2日にしての更新。これで第一位決定かな!?
おめでとう。

2009.1.21  13:00〜15:00  小屋鳥方面   ボート アイナメ10匹(最大49cm)
杉○親子の初ボートロックでの釣果です。もちろんワームで!!
初めての釣行にもかかわらずきちっと結果を出しました!
しかも、ジュニアは普通に45cmのギスカジカまで釣りあげちゃいました。


快適なクルージング

初ロック初フィッシュ

45cmカジカ

食べる分だけ

釣り場のゴミは持ち帰りましょう!  きれいな海をいつまでも

Top  店舗案内  最新商品入荷情報  釣果情報  イベント  釣果・情報交換BBS  愉快な仲間の釣行記
タカちゃんの夜釣り日記   RockfishBattle  Link